訪問美容ブログ〜会社で必要なもの〜

横浜 相鉄線沿線 天王町 で訪問美容のeclage(エクラージュ)代表,

美容室Mereve(メリーヴ)のマネージャーをしている美容師

小川 幸司(オガワ コウジ)です。

 

 

実印・角印・ゴム印を作りました。

こういうのを作ると改めて会社を立ち上げたのを実感し、身が引き締まる思いです。

今回印鑑を作ったので改めてどのような効力があるのか調べてみました。

 


◇実印(丸印)とは? 【横浜 相鉄線】


 

法人組織や個人事業主にとって、印鑑は個人のものと同様になくてはならないものです。

その中でも個人の実印同様、最も重要になってくるのが「代表者印」

個人の実印が、住民票がある市町村に対して登録していくのと同様に、法務局に対して登録を行えるもの。

この代表者印は会社を登記する際に使っていくため、会社とともに生まれてくる大事なものになってくるわけです。

【使い方】

個人同様、不動産や社用車があれば、自動車の売買などにも使え、公正文書の作成とほぼ同じような使い方。

【印鑑との大きな違い】

大きく違うところは、代表者印には印影に肩書が入るものもあること。

個人の印鑑ではなく、組織の印鑑になります。

個人経営の会社などに見られるのが、個人の実印と代表者印を同一のものとして使用される方もいるようです。

個人の印鑑をいくつも併用すること以上に、個人の印鑑と法人の印鑑を併用することは、より大きなリスクを抱えることになります。

 


◇角印とは? 【横浜 相鉄線】


角印は、その名の通り印面が四角い印鑑のこと。

通常、会社の認印として使われる印鑑で、自社で発行する領収書や見積書、請求書、納品書などの書類に捺印します。

契約書等に代表者名などと併記して捺印するのが領収書や請求書、見積書などに会社が発行した文書であることを示すために使用するのが角印です。

請求書や見積書実印や銀行を使う書類に比べて重要度が低いので認め印として角印を使います。

 

一般的に、認印として角印を使う会社が多いので、認印のことを「角印」、もしくは「社印」と呼ぶようです。

 


◇実印(丸印)と角印の違いのまとめ 【横浜 相鉄線】


大まかにいうと、、

 

丸印は重要な契約等に使用するもの・・・

法人の実印は社会的な責任や義務を負うもの。個人の実印以上に偽造されたり悪用されるリスクを警戒しなくてはなりません。

 

角印は比較的日常的に使うもの・・・

認印とはいえ、契約書に角印を押印した段階でその契約は有効になるので、社内での保管・管理には注意が必要です。社員の誰もが捺印できるものであってはなりません。

 

Byeヽ(・∀・)

 

Mereve 、eclage 小川幸司

 

■介護施設様・理美容室にご来店出来ない在宅のお客様いらっしゃいましたら是非ご連絡下さい■

#訪問 #訪問美容 #訪問美容師 #出張美容 #出張美容師 #eclage #エクラージュ #介護施設 #介護施設募集 #在宅募集 #移動式シャンプー台 #カット #カラー  #パーマ  #顔剃り #ママ美容師  #ママ美容師募集  #相鉄線 #相鉄線沿線  #横浜

 

Related Blogs